2012年05月31日

POSBで登録した携帯番号の変更に行った

シンガポールでは、EP(エンプロイメントパス)を持っていると、口座を開くことが出来ます。そして、シンガポールでは、インターネットバンキングが一般的で、私が口座を作ったPOSBでも、家賃等を、家や外出先にいながら、振り込むことが出来ます。

今日は、シンガポールの携帯を手に入れたので、以前登録した日本の携帯電話の番号をこちらのものに変更する為に、銀行に行ってきました。

始めに、口座開設の話をしますと、口座の開設には、パスポートとEPを持って銀行に行き、案内の人の指示に従って書類に、自分の名前、自宅の住所、携帯の電話番号、勤務先の住所、勤務先の電話番号等を書き込み、口座の種類や一日に引き出せる限度額等を決めることで、直ぐに口座を開設することが出来ます。

ここで携帯の番号は、本来は、シンガポールの携帯が推奨されるのですが、口座を開設した時には、まだシンガポールの携帯電話を所有していなかったので、聞いてみると、有り難いことに日本の携帯電話でも登録ができ、無事口座が開設されました。

口座開設の翌日には、小切手も振り込まれ、ATMからの引き出しも出来き、インターネットでの口座の金額の確認も出来き、暫くは問題なく過ごしていました。

大家さんから今月の光熱費の明細が届いたので、大家さんにインターネットバンキングで、光熱費を支払うために、やり方を習っていると、なんとここで問題発生。

他の口座へと入金をするには、情報を入力した後、銀行から届くOSPを入力することで、アクティベイトされるのですが、携帯電話がシンガポールのものではないので、SMSの形でOTPが届かない。

インターネットバンキングのログイン用にもらった数分ごとに変化するパスワードを表示する機械にもOTPのボタンがあるのですが、こちらに表示される番号を入力しても、先に進めません。

インターネットバンキング上でも携帯電話の番号を変更できるのですが、こちらはOTPの送り先の変更にはならないとあり、ATMか銀行へと行くことになりました。

まずはATMに行ってみましたが、どこで変えるのかが判らないので銀行へ向かいました。

銀行でOTPを受け取る電話番号の変え方を尋ねると、紙を渡され、
名前とパスポート番号、変更する携帯電話の番号を書き込むように言われました。
次にパスポートと書き込んだ紙渡すと、携帯電話番号がシンガポールのものかを確認され、係の方がパソコン上で、手続きを進めてくれます。
これが終わると、最後に係の人とATMへと向かい、指示に従って携帯の電話番号を入力、無事に携帯の番号の更新が出来ました。

その後は、銀行のパソコンで、インターネットバンキングが利用できるかを確認させてもらい、郵送先のアクティベイトが出来きたので、お礼を行って、帰宅しました。

少し待たせてしまいましたが、これでやっと大家さんに、光熱費が送れます。

インターットバンキングと以前の口座開設での手続きを進めて行く中で改めて感じたのですが、シンガポール銀行は、日本の銀行よりも、様々な手続きが素早く簡便です。
そして、その利便性と安全性を兼ね備える為に、細心の注意が支払われている気がします。
また、これと繋がっている気がしますが、シンガポールの銀行では、体感時間として、待ち時間が非常に短いです。
昨日の床屋さんの方が、長く待っていた気がします。

mail-2.jpeg
posted by 宗像 at 23:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンガポールの床屋に行って来た

切っ掛けは、先日、中国語が専門の職場の先輩に、
英会話強化のために、語学学校を案内されたことでした。
そこで、先輩と先生が何やら中国語で話しています。
僕にはさっぱり判らなかったのですが、
オーマイガー
後で聞いたところ髪型等のダメだしをされていたそうです。

というわけで、直ぐにできることとして髪の毛を切る為に、
今日は、シンガポールの床屋に行ってきました。
自販機に10S$入れて、列に並び、待つこと10分
自分の番が回ってきました。

とにかく短くすることが目的だったので、
ベリーショートプリーズと言うと、
バリカンを持って、これで良いかと聞かれ
長さを指で確認され、オッケーと答えると
バリカン開始、
まっすぐに振り下ろされたバリカンが、
頭の横と後ろをかすめ、みるみるうちに
短くなっていきます。
前髪だけがだらっと垂れており、
非常に怪しげな髪型になった後、
はさみでカット開始、
これまた、さっさっさと、切られて
あっという間に、生え際が現れました。
あとは、眼鏡をかけて、髪型を確認した後、
少々整えて、終了。
以前の髪の長さと比較ください。

シンガポールでベリーショートというのは
このくらいの長さを指すそうです。

頭も軽くなって、非常にスッキリしましたが、
ちょっと生え際が目立つようになった気もします。
さて、中国人の先生の目から見た、
今の髪型の印象を聞いてみたいと思います。

シンガポールの語学学校についても
別途コラムを書こうと思いますのでご期待ください

スクリーンショット(2012-05-31 1.20.29).pngスクリーンショット(2012-05-31 1.26.43).png
posted by 宗像 at 03:31| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

シンガポールのフレッシュネスバーガー

シンガポールのクラークキー駅の駅前には、フレッシュネスバーガーが出店をしています。
大学時代には一番美味しいハンバーガーショップに他のお店を挙げると、フィッシュネスバーガーを食べたことが無いなと言われるくらいでした。
 今回は、チーズバーガーとフレンチフライ、ナゲットにドリンクとしてフレッシュキュウイジュースを注文しました。占めて10S$ちょっとです。
 食べてみると、チーズバーガーは、パンが柔らかく、シャキシャキのタマネギに、適度にピクルスの酸味が利いており、チーズとケチャップが良く合っており、お肉がジューシーです。フレンチフライは、歯ごたえがあり、香ばしくジャガイモの味がでていました。フレッシュキュウイジュースは、本当に生絞りの味が出ており、
キュウイの酸味と甘みに加えて、つぶれたキュウイとつぶつぶの種がよい食感を出しています。ナゲットも、パクパクと食べてしまい、なかなか美味しかったです。
 ハンバーガーショップでセットを頼むと必ずと言っていいほど、ハンバーガーとポテトと飲み物がセットで出てきますが、全部が美味しいお店はなかなかない気がします。
 日本のフレッシュネスバーガーは、珍しく喫煙可能なお店で、タバコの匂いが漂っていましたが、シンガポールでは、禁煙で落ち着いた感じになっており、店内は人に満ちていて、なかなか流行っているようでした。
フレッシュネスバーガー.jpeg
posted by 宗像 at 19:26| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。