2012年12月17日

クリート結び

クリート結びは、船を係留したり、
帆のロープを固定したりする時に使うロープの結び方で、
以前記事にした、もやい結びと並んでよく使う結び方だ。

このタイプの固定具が代表的なクリートで、ここから名前を取ったらしい。
PC010391 のコピー.JPG


まずは、ヒモを横に通して、
PC010392 のコピー.JPG


一周回す。
PC010394 のコピー.JPG


次に、斜めにロープを掛ける。
PC010395 のコピー.JPG



もう一度、ロープを斜めに掛けて、交差させる。
PC010396 のコピー.JPG


最後に、交差させたロープの下へ、下のロープと並ぶように通せばOK。
PC010400 のコピー.JPG



ロープが余ったら、1〜2周まわしておく。
PC010401 のコピー.JPG


一番大切なのは、交差させたロープの下に、
ロープを通すことで、ロープが外れないようになる。
posted by 宗像 at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。